ルシノールとは?

ルシノールとは?

ルシノールとは?

美白成分の『ルシノール』は、かの有名なポーラ(POLA)が開発したオリジナル成分です。ルシノールにはメラニンの生成を抑える働きがあるので、優れた美白力があることで今話題に!

 

シベリアもみの木から抽出される成分のことで、人に対して無害というメリットもあります。その上で、メラニンからシミにつなげるチロシナーゼという物質を阻害し、シミが作られるのを防ぐことができます。

 

同じような働きでは、アルブチンやコウジ酸といった成分も有名ですが、比較してみるとルシノールが最も浸透性に優れています。肌に浸透しやすいため、素早く余計な物質を阻害してシミを防ぐことができます。

 

ルシノールの効果や副作用は?

ルシノールとは?

美白成分の中には刺激が強いものもあります。有名どころで言うと、「ハイドロキノン」です。できてしまったシミの解消効果もあり、非常に効果には優れているのですが一方で刺激が強く肌荒れなどの副作用のリスクがあります。

 

ルシノールはというと、チロシナーゼを阻害してシミを防ぐ効果がありながら、植物由来成分ですので副作用もありません。安全性が高い成分です。

 

ただし、ハイドロキノンのようにできてしまったシミへの効果はある程度で、これから先のシミを防ぐ目的で使う方が効果的です。
低刺激なので肌がデリケートな方でも安心です。

 

ちなみにハイドロキノンもメラニンを黒くするチロシナーゼに対して働きかけますが、この働きが目的であれば安全性を考慮するとルシノールの方がオススメの成分です。

 

一緒にできてしまったシミも解消したいときにはハイドロキノンの方が優れていますが、肌への負担を考えるとルシノールに軍配があがります。