リノール酸とは?

リノール酸とは?

リノール酸とは?

月見草やサンフラワーから抽出される脂肪酸の一つに『リノール酸』というものがあります。摂り過ぎは注意が必要であるものの適度に摂取すると、コレステロール値が下がるなど、健康効果があることでも話題の成分です。
そして、最近は基礎化粧品にも使われています。なぜなら、美白成分でもあるから!

 

リノール酸は非常に安全性が高く、厚生省からも医薬部外品として認可されています。
これを肌に与えることで皮膚の水分蒸発を防ぎ、細胞内の水分を閉じ込めることが可能になります。つまり、自然な保湿になるのです。
リノール酸自体は角質層を通過するほどの浸透力があるため、浸透性が高過ぎるのですが、改良されたリノール酸sはメラニン色素に対して集中的にアプローチします。
そもそもリノール酸は体内に存在しますから体への負担もなく、シミ以外にもニキビ対策や乾燥肌対策などに役立ちます。

 

 

リノール酸の効果や副作用は?

リノール酸とは?

リノール酸はメラノサイトにアプローチし、シミの元になるメラニンが作られないようにする効果があります。

しかも、メラニン色素そのものを体外に追い出す働きもあるので、これから作られるシミ対策としてだけでなく、できてしまったシミにも効果が期待できるパワフルな成分です。

 

他にもニキビ対策や乾燥肌対策にもよく、トータル的に美肌をサポートします。また、ビタミンCやビタミンEなどとの相性もよく同時に摂ることで効果もアップ!

 

シミの予防と解消を両立し、美肌効果のある成分ですが、安全性が高いところもメリット。リノール酸は植物由来成分ですので基本的に副作用もなく安全に使用できます。

 

ただ、油であることが注意点で、アレルギーがある方は裏目に出ることがあります。アレルギー体質の方はご注意ください。