プラセンタとは?

プラセンタとは?

プラセンタとは?

『プラセンタ』とは、「胎盤」を意味します。
美白にとどまらず、美容成分として非常に注目されています。
具体的には、抗酸化作用・抗炎症作用・血行の改善作用などがあります。

 

抗酸化作用

アンチエイジングに有効な働きです。
紫外線などによる酸化することでの細胞のさびつきを防ぐことができるので肌トラブル対策になります。
もしも酸化してしまうと老化が進むので、シワやシミなどができやすくなります。また、炎症したときには吹き出物が起こります。抗炎症作用もあるので、プラセンタはあらゆるニキビトラブル対策になります。

血行を改善する効果

美肌全般に効果的です。血行が悪いと顔色が悪くくすんで見えますが、血行が促進されていると肌が明るくなります。

 

このようにプラセンタは汎用性が高いので、美白化粧品を含む基礎化粧品に使われています。アンチエイジング化粧品にも使用される傾向にあります。

 

プラセンタの効果や副作用は?

プラセンタとは?

プラセンタの効果は実に多機能です。乾燥肌や脂性肌にも合いますし、ニキビや肌荒れ、くすみや、シミなどなど、さまざまな効果があります。

効果が高いので、副作用もありそうですよね。ところが、基本的にプラセンタは副作用はありません。
クチコミでは、体重増加や肥満、蕁麻疹などの症状が出ると言いますが、好転反応といって肌に変化が出る前兆のようなものです。

 

組織や細胞が正常に蘇り始めている状態なので症状は一時的でおさまります。
ですが、サプリメントなど飲むタイプについては添加物などが使われていて、その成分に反応する可能性もあるので注意してください。

 

また、プラセンタにも種類があり、主にコストなどの関係で豚由来ですが品質で見ると馬由来が優秀なタイプです。