ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは?

「ビタミンC」と言ったら、美容成分の定番中の定番!抗酸化作用があり、健やかな肌を保つために欠かせない栄養素です。

 

具体的には、ビタミンCが持つ抗酸化力がメラニンの生成に関わる余計な活性酸素を除去する働きがあります。あらかじめシミを防ぐために役立つ成分です。

 

しかも、メラニン色素自体も抑えることができるので、美しい白い肌を保てます。

 

ですが、ビタミンCは酸化しやすいので肌に与えても、ビタミンC本来の効果がイマイチ発揮されません。そこで、注目を集めるようになった成分が『ビタミンC誘導体』です。

 

こちらはビタミンCと効果に違いはありません。ただ、肌の中でビタミンCに変わる性質があります。肌に浸透してからビタミンCになるので酸化するというデメリットが取り除かれます。つまり、ビタミンCのメリットだけを受けることができる成分です。

 

肌に吸収されたのちに酵素反応を行ってビタミンCに変わり、その状態も長続きするため、厚生省からも美白成分として認可されています。

 

ビタミンC誘導体の効果や副作用は?

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCは食べ物にも入っている栄養素ですから、基本的に安全です。美白化粧品に限らず、化粧水・美容液・ローションなどの定番の成分として活躍していますよね。

 

メラニン生成を抑制することからシミ対策になるのですが、その他にもニキビの改善や皮脂分泌の抑制などにも効果的です。そのため、ビタミンC誘導体は重宝されています。

 

クリームやジェルにも使われていますが、この場合は脂溶性ビタミンC誘導体が主に使用されています。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透してからビタミンCとして活動してくれるので、メリットがたくさんあります。その一方で、効果が裏目に出る恐れもあります。

 

効果のひとつとして、皮脂の抑制効果があります。オイリー肌で皮脂が多い方にはメリットがあるものの、極端に肌が乾燥してしまうリスクもあります。結果的に乾燥した肌はバリア機能が低下するので肌荒れなどのトラブルを招きます。

 

とはいえ、ビタミンC誘導体にこれといって副作用はありません。肌との相性の問題であり、乾燥しないように保湿することができると問題点も解決します。

 

副作用どころか安全性が認められている成分ですから、そこは安心してご利用ください。