ハイドロキノン治療について

ハイドロキノン治療について

ハイドロキノン治療について

現在販売されている美白化粧品の成分の中で、ハイドロキノンの効果が注目されています。それ以前から、ハイドロキノンは皮膚科で治療に用いられていました。

 

市販の化粧品よりも高濃度のクリームが皮膚科では処方されたり、治療に用いられています。濃度が高いほど肌への負担も強くありますから医師の指導に従うことが重要ですが、濃いシミなどについてはハイドロキノン治療が有効です。

 

具体的には、シミ・ニキビ跡・ヤケド跡・黒ずみなどの色素沈着に働きかけます。シミを作る根本的な原因の過剰なメラニン生成を抑えることができるので、強力に肌を白くしていくことができます。

 

市販の化粧品は最高でも4%までと濃度は制限されていて、5%以上になると副作用のリスクが高くなるとされています。皮膚科で用いるものはほとんどが5〜10%と高濃度なのでご利用の際は十分に注意して正しく使用してください。

 

また、ハイドロキノンのクリームを処方されてセルフケアする場合、治療中はUV対策を徹底しましょう。

 

肌の漂白剤と呼ばれるレベルの成分ですから、使ったあとは肌がデリケートなのでUV対策を行い紫外線を浴びないように注意してください。そして、ハイドロキノンは酸化しやすく熱にも弱い性質を持っているので保管にも気を付けてください。

 

長期保存には向いていないので、冷蔵庫で保管して早めに使用しましょう。もしもクリームの色が変色したら使用するのはやめて今一度医師に相談してください。