ハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンは効果が高い反面、刺激も強いので正しく使うようにしましょう。
長期的に使用し続けたり高濃度のものを使っていると、シミが消えたあとに逆にシミが増えることもあります。

 

まずはハイドロキノンの濃度をチェックしてください。
美白化粧品に関しては配合量が制限されているので正規品でクオリティの高いものなら信頼できます。また、ハイドロキノンの刺激をカバーする成分も使われていると肌への負担が軽減できます。
濃度的には大体2%程度で十分です。
この配合量を前提に化粧品を選んでみてください。使用に関して不安がある方は一度、皮膚科のお医者さんに相談してみましょう。

 

ハイドロキノンの配合量が2%というと低く思われますが、これだけでも効果はあります。
もちろん、個人差があるものの、早い方では2〜3日で実感されています。遅くても、4〜5日ほどで表皮が剥がれはじめてシミが消えていきます。
ハイドロキノンは毎日長期的に使うものではなく、皮がむけはじめたら一度使用を中断します。ピーリングと同様に、1週間ほど中断して定期的に使用してください。

 

また、ピーリングやハイドロキノン配合化粧水は顔全体に塗るものですが、高濃度のクリームに関しては気になるところにピンポイントで塗るようにしてください。
シミのないキレイな肌に高濃度のハイドロキノンを与えてしまうと肌に負担をかけてしまいます。

 

そして、ハイドロキノンを使用したあとは皮膚が剥がれるので、デリケートになります。ですから、紫外線などの対策も徹底しましょう。
もしここで紫外線を浴びるとシミが元に戻ったり、ひどいときには悪化してしまいます。UV対策をしながら美白ケアも併用しましょう。