トレチノイン(レチノイン酸)とは?

トレチノイン(レチノイン酸)とは?

トレチノイン(レチノイン酸)とは?

『トレチノイン(レチノイン酸)』は、主にニキビ治療に使用されていた成分でアメリカではシミやシワに効果があることから治療薬として新たに使われ始めたと言います。

トレチノインやレチノイン酸という名はあまり知られていませんが、「ビタミンA」は聞いたことがありますよね。トレチノインは別名、ビタミンA誘導体です。

 

そんなトレチノインにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、コラーゲンが生成されることで肌の定番トラブルのシミやハリ、ニキビなどに対して効果が期待できます。

 

日本国内では、トレチノインそのものを手に入れることは難しいのですが、化粧品に配合されていたり、皮膚科でも処方されています。

 

トレチノイン(レチノイン酸)の効果や副作用は?

トレチノイン(レチノイン酸)とは?

トレチノイン(レチノイン酸)は、ニキビ治療に用いられていたものですが、今ではシミ対策についても注目されています。色素沈着への効能があるので、シミに限ら時、ニキビ跡や黒ずみ、アザなどにも対応しています。

 

シミの治療にはレーザー治療が定番ですが、トレチノインにはそれ以上の効果があると言われています。

 

また、美白成分の代表格はハイドロキノンですが、トレチノインを併用することもあります。肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンの効果も加わってシミの改善に有効とされています。むしろ、ハイドロキノン単体よりもトレチノイン酸との組合せで効果が発揮されると言います。

 

気になるシミにトレチノインをピンポイントで塗ったあとにハイドロキノンをかぶせることで、シミやニキビ跡なども解消されていきます。

 

ただ、ハイドロキノンは刺激が強いと言われています。それでは、トレチノインの副作用も強そうですよね。事実、医療現場でも使っていて肌のコラーゲン生成に関わるなどの働きから、肌がヒリヒリしたり、妊娠中には胎児の奇形のリスクが問題と言われています。

 

初めて利用される方は念のため医師に相談してみましょう。