トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは?

『トラネキサム酸』は主に医療現場で止血剤に使われていた成分で、美容成分として注目され始めたのは比較的最近のことです。安全性が高いメリットがあり、その上で美肌効果があると言います。

 

シミにはさまざまなタイプがありますが、特に「肝斑」に悩んでいる人必見の成分です。目じりや鎖骨などにできやすいシミで、特長は左右対称になっていることです。

 

30代から40代の女性に多く見られます。原因にはいろいろとありますが、ピルやホルモンバランスの影響も考えられます。

 

肝斑の場合はレーザー治療も有効性がないため、解消が難しいシミです。それが、トラネキサム酸なら効果が期待できると言うのですから嬉しい発見です。

 

レーザーを照射すると肝斑の色合いが濃くなることがあるのですが、トラネキサム酸はそのようなリスクもなく、皮膚科での治療にも用いられています。そして一般的な化粧品に配合されるようになり、身近な成分となりました。

 

美白化粧品の代表成分はビタミンC誘導体ですが、それに比べても優秀なことから最近はトラネキサム酸を選ぶ方が増えている傾向にあります。

 

トラネキサム酸は血栓症の人は注意が必要!

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸は厚生省から認可を受けた美白成分で、美白効果にとても期待できます。基本的に副作用もありません。

 

ですが、トラネキサム酸は美容成分として誕生したものではなく、もともとは医療現場で用いられていました。主に「止血」を目的に使用されていた成分であるため、止血が裏目に出る血栓症など血液が詰まりやすい方は注意が必要です。

 

血栓ができると脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高くなります。発症後の生存率については近年はあがっていますが、それでも後遺症や命に関わるものですから注意しましょう。

 

血栓症は遺伝性もあるため、身内に脳梗塞に罹った方がいらっしゃる場合は事前に専門の医師に相談してからご利用ください。