シクロアミノ酸誘導体とは?

シクロアミノ酸誘導体とは?

シクロアミノ酸誘導体とは?

『シクロアミノ酸誘導体』は、2002年に厚生省によって医薬部外品として美白効果が認められている成分です。別名「t−AMCHA」とも言い、あの化粧品ブランド・資生堂が研究・開発を手掛けた成分です。

 

大豆や卵黄などの原料から作られるもので、リン脂質に分類されます。性質としては親水性と親油性を持ち合わせていて、これはいわば天然の界面活性剤です。

 

界面活性剤と聞くと体に悪いイメージですが、天然由来ですので基本的に安全です。

 

シクロアミノ酸誘導体の効果や副作用は?

シクロアミノ酸誘導体とは?

シクロアミノ酸誘導体は美白効果に優れていて、タイプ的にメラニン生成の指令を出すプロスタグランジンの働きを抑える作用があります。つまり、シミができにくい肌作りに役立つ成分です。

 

シミ対策としてだけでなく、肌荒れの予防にもなると言われています。シクロアミノ酸誘導体は、タンパク質分解酵素のプラスミンの活性化も抑えてくれるため、不要な肌荒れを防げます。

 

シミと共に肌荒れも防げるので、これらのトラブルに悩んでいる人は必見の成分です。ただし、止血作用があることから、シクロアミノ酸誘導体を”服用”する場合には注意点があります。

 

簡単に言うと血栓ができやすくなるリスクがあるので、血栓からくる脳梗塞といった病気につながる可能性が出てしまいます。服用については医師に相談してからご利用ください。

 

その他には、アレルギーについてです。シクロアミノ酸誘導体の主な減量は大豆や卵黄なので、これらの食品アレルギーがある方は体に合わない可能性が高いです。アレルギー体質の方も、一度お医者さんに相談してからご利用ください。