エラグ酸とは?

エラグ酸とは?

エラグ酸とは?

『エラグ酸』も最近注目されている美白成分の一つです。ポリフェノールの一種であり、ブルーベリーなどの果実に含まれています。

 

ポリフェノールの中でもエラグ酸はがんの抑制作用があることで注目されていましたが、最近では老化予防、つまりアンチエイジングに良いことから美肌成分として知名度が上がっています。

 

 

 

 

エラグ酸の効果や副作用は?

 

エラグ酸はシミ対策において非常に優れた働きを持っている成分です。シミの原因といったら、日焼けの原因にもなる「メラニン」が有名ですが、メラニンが発生しただけではシミになりません。

 

シミになる過程で、まず発生したメラニンが「チロシナーゼ」という物質と触れてしまうことでシミなどが作られます。エラグ酸は、そのチロシナーゼの働きを阻害する作用があるため、メラニンが発生してもそう易々とシミを作らない肌を作ることができます。このような働きから、エラグ酸は美白成分として注目されています。

 

さらに、エラグ酸は基本的に副作用がないというところもメリットです。天然ポリフェノールの一種えあるため、肌がデリケートな方でも基本的には安全。敏感肌やニキビができていて肌のコンディションが悪いときでもOK!実際に医療現場でも活躍するほどの成分です。

 

しかしながら、エラグ酸も配合量に制限があります。濃度が高過ぎると、肌の漂白剤であるハイドロキノン同様に肌への負担も出てきます。ハイドロキノンに比べると肌に負担も少なく、できてしまったシミに効くというより対策に有効な成分です。化粧水などでも基本的に適度な配合量になっていますから副作用の心配はありません。