アルブチンとは?

アルブチンとは?

アルブチンとは?

最近ではテレビコマーシャルなどで有名な化粧水などにも使われている『アルブチン』という成分。
美白成分としてぐんぐん知名度が高くなっています。そして、厚生省から認可を受けていることが特長です。

 

ちなみに、アルブチンには種類があります。
@αアルブチン
Aβアルブチン
従来の化粧品に使われてきたのがAのβアルブチンで、比較的最近生まれたのが@のαアルブチンです。

 

βアルブチンは残念ながら効果の満足度の伸びが悪かったため、あまり注目されていませんでした。
その一方で、近年登場したαアルブチンは美白効果がβアルブチンの10倍とされ、注目度も高くなっています。
αアルブチンは「ハイドロキノン」と「ブドウ糖」が結合したタイプであり、ハイドロキノンを安定化させていて浸透性も良いです。

 

αアルブチンでも即効性は低いのですが、じっくりとスキンケアに使用し続けることでシミが薄くなるなど、効果を実感されています。
また、これからのシミ対策としての効果が高いところも特長です。
シミは紫外線やストレスなどの刺激から活性酸素が生まれメラニンが作られるので、その流れを断ち切ってくれますから、シミ対策効果に優れていると言います。
シミにも種類があり、そばかすや肝斑もそのひとつですが、いずれのタイプにもアルブチンは有効性があり、ニキビ跡などにもある程度の効果が期待できると言います。

 

 

アルブチン選びでは天然由来がオススメ

 

美白化粧品の数は豊富ですが、アルブチンはよく使われる成分のひとつです。その背景には、厚生省が安全性を認めているというメリットもありますが、ここで一つ注意点があります。
アルブチンは「天然由来」と「合成由来」があります。説明を省いてもお分りいただけますが、合成由来は天然成分を改良しているので効力が優れているもののトラブルのリスクも出ます。

 

そのリスクを踏まえると、天然由来の方が圧倒的にオススメです。
肌への負担を考慮した方が肌のためになりますから、なるべく天然由来成分にこだわってみましょう。