できてしまったシミを取る!セルフケア方法

できてしまったシミを取る!セルフケア方法

 

シミ取り化粧品 できてしまったシミを取る方法!

目に見えない紫外線は、角質層にメラニンを発生させます。これは、紫外線から皮膚(角質細胞)を守るための、いわば防衛反応です。
自然なかたちなのですがそれがムダに発生したり、あるいはターンオーバーが乱れているとメラニンが肌に滞って、気になる”シミ”ができてしまいます。

 

一度できてしまったシミはとても厄介...。
そう簡単にとれるものではないので、一般的にシミをとるにはレーザー治療などが真っ先に思い浮かびますが、まだ医療行為は早いかもしれません!
セルフケアで、改善できる可能性はあるのです!

 

ここでひとつ、「スキンケア」を見直してみましょう!
外側のケアはもちろん、内側からのケアにもこだわってみてください(^^)♪

 

シミを解消する!セルフケアの3つのポイント

美白化粧品を使う

効果的にシミ対策するには、それ相応の化粧品が必須!
美白化粧品の有効成分としては、次のような種類があります。

  • ビタミンC誘導体…体内でビタミンCに変換される。美白成分の定番。
  • アルブチン…コケモモなど植物由来の天然型フェノール性配糖体でチロシナーゼに直接作用しメラニンの合成を阻害する。
  • プラセンタ…胎盤を意味する成分。馬由来などの胎盤成分が肌の調子を整える。
  • カミツレエキス(カモミラET)…カミツレから抽出sれる成分で抗炎症作用を持つ。
  • シクロアミノ酸誘導体…肌荒れ対策にもなる美白成分。
  • コウジ酸…麹菌由来の成分でメラニン生成を抑える働きがある。
  • トラネキサム酸…シミを解消する飲み薬の定番成分。
  • エラグ酸…イチゴなど果実に含まれるポリフェノールの一種。
  • ルシノール…ポーラが開発した美白成分。
  • リノール酸…植物性の脂肪酸
  • シクロアミノ酸誘導体…肌荒れ対策にもなる成分。

などなど。これらは厚生省認可の成分を参考にしています。
この他にあげると、ダントツで美白力が高いのは「ハイドロキノン」という成分。クリニックでも処方されることがあり、お肌の漂白剤とも呼ばれるほど美白力に優れています。同じように「トレチノイン」という成分もシミの解消効果に優れています。ただし、これらの成分は効果が高い反面、刺激が強いところがデメリットでもあります。

 

定期的にピーリングをする

定期的なピーリングは肌のターンオーバーを促進することができます。ターンオーバーが正常になることでシミ対策になるため、肌サイクルが乱れがちな人は特に注目の方法。
病院でも施術が受けられますが、その場合は医療であるため酸の濃度が強いので、アフターケアなどがたいへんです。一方で市販のピーリングジェルなどは比較的安全性もあり、手軽に使うことができます。
毎日行うのは肌によくありませんが、定期的なピーリングは古い角質を落としてすべすべお肌へと導いてくれます。

 

飲み薬も使ってみる

「L−システイン、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE」などの成分は内側からのケアにも適した成分です。
これらの成分を配合した市販薬もあり、正しく服用することで体内からもシミにアプローチしていくことができます。

 

セルフケアのポイントは外側と内側のケアを両立すること!
美白化粧品やピーリングで肌の外側をケアしながら、飲み薬を使用して体内からケアすることにより、効率よく肌を整えていくことができます。
スキンケアも大切ですが、この期に内側のケアも始めてみてください♪

 

シミを解消する!オススメの化粧品ランキング

 

シミ取り化粧品

ビーグレンの特徴

美白化粧品シリーズで定番のビーグレンは、ハイドロキノンを1.9%配合。しかも、独自技術の「QuSome」によっハイドロキノンを肌の奥に浸透させることができます。 なんと、他に比べて10倍の浸透力!さらにシムホワイト377やピュアビタミンCを使用

価格 1,800円
評価 評価5
成分 ハイドロキノン(1.9%)、シムホワイト377、ピュアビタミンC
 
 

シミ取り化粧品

アンプルールの特徴

アンプルールは、皮膚の専門家・皮膚科医が開発したドクターズコスメ!安全性から見ても一押しの化粧品です! 成分には、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンを2.5%も配合。さらにプラセンタやスクワレンなど美容成分が充実しています。 また、薬用美白美容液は全体のケアに使えて、スポット美容液はピンポイントでシミをケアすることができます。 アンプルールシリーズセットでお試しがあるのでぜひこの機会に!

価格 1,890円
評価 評価4.5
成分 ハイドロキノン(2.5%)、プラセンタ、アクロマキシル、スクワラン、αリポ酸など(以上はラグジュアリーホワイトクリームの成分)
 
 

シミ取り化粧品

saeru(サエル)の特徴

基本的に美白成分は刺激が強いイメージですが、ポーラ・オルビスグループのsaeru(サエル)は、敏感肌の方でも安心して使える化粧品です。 無添加処方であり、刺激の強いハイドロキノンではなくビタミンC誘導体やアルブチンなどを配合。さらにセラミドやヒアルロン酸も配合されていて、これ1つで保湿ケアにもなります。

価格 1,480円
評価 評価4
成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、デイリリー花発酵液、ヒアルロン酸、セラミド、エスクレシド、白様雪、グリチルリチン酸2K、コウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキス、セイヨウノコギリソウエキスなど
 
 

シミ取り化粧品

アスタリフトホワイトの特徴

価格 1,000円
評価 評価3.5
成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、アスタキサンチン、コラーゲン、スクワラン、グリチルリチン酸ジカリウムなど
 
 

シミ取り化粧品

DERMED(デルメッド)の特徴

三省製薬が開発したDERMED(デルメッド)は、13年もの年月をかけて誕生した化粧品で、コウジ酸をベースにしているところがポイント。 あまり聞きなれない成分ですが、このコウジ酸が見事に肌にマッチして効果に驚かれる方が多い様子!

価格 1,080円
評価 評価3
成分 コウジ酸、桑黄抽出液、ビタミンC、リキリチンなど
 

 

シミに効く成分は「ハイドロキノン」

シミ取り化粧品 できてしまったシミを取る方法!

ダントツでシミに効果がある成分は「ハイドロキノン」です。
これは肌の漂白剤という異名もあるほど、非常に優れた美白力があります。
病院では高濃度のクリームを取扱っていますが、優秀な美白力から一般的な化粧品では控えめに配合されています。

しかしそれでも効果は高く、濃いシミなどを消したいときに嬉しい成分です。
たとえば、<アンプルール>や<ビーグレン>などの化粧品は、安全な範囲内でハイドロキノンを配合しています。

 

ただし、ハイドロキノンのデメリットは”刺激性”です。
低配合であっても、肌の漂白剤と呼ばれるほどですから、効能が優れている分、その副作用にも注意が必要...(^^;)特に肌が弱い人には...。

 

刺激が気になる方には「ビタミンC誘導体」の方がメリットがあります。ハイドロキノンほどの美白力はありませんが、ビタミンCやアルブチンがベースの<saeru(サエル)>や<アスタリフトホワイト>などは比較的肌にもやさしいです。
saeru(サエル)の方は保湿力にも優れているので肌が乾燥しやすい方にもオススメ!

 

化粧品選びでは自分の肌と応相談!

シミ取り化粧品 できてしまったシミを取る方法!

シミ対策やシミ解消向けの化粧品は多々ありますよね。
いろいろあり過ぎて困ってしまうほど...。
美白成分の有無やコストパフォーマンスなども大切ですが、なによりも重要なのは自分の肌に合っていることです。

肌に合わないものはいくら正しく使用しても効果はイマイチ。
肌に合ってこそ最大限に効果が引き出されます。

 

また、シミの状態や肌の状態にも合わせて選んでみてください。
濃いシミが気になる方は、トップレベルの美白成分である「ハイドロキノン、トレチノイン」がオススメの成分で、この他に飲み薬を併用するとGOOD!
ただ、これらの成分は若干刺激が強いので、肌が弱い方には通常の美白化粧品にメリットがあります。
肌が強くてもシミが薄ければ、基本的にはハイドロキノンの効果がバツグン!

 

ハイドロキノン以外には、ビタミンCやビタミンC誘導体が定番であり、肌にもやさしい成分です。ビタミン類の効果を引き出すためには浸透させることが大切なので、低分子やナノ化されているものなど、浸透性に長けたタイプを選んでください。

 

他にも化粧品選びで注意したいのが、添加物についてです。
合成香料や着色料、パラベンなどの余計な添加物は肌への負担も大きくなるのでご注意を。

 

 

セルフケアでシミを消すためには正しいスキンケアを長期スパンで続けることが大切!!

シミ取り化粧品 できてしまったシミを取る方法!

シミを防いでキレイな素肌を保つためには、美白化粧品を使用することも大切です。が、化粧品の使い方、そして毎日のスキンケア方法も重要です!

極端な話、良質な美白化粧品を使っていても、その前の段かいの「洗顔」が間違っていると、有効成分が肌に浸透していきません。
汚れを落とすためにゴシゴシと力を込めてしまいがちですが、適度な力加減でやさしく丁寧に洗顔しましょう。
余計に力を入れたり、泡立てずに洗ってしまうと洗顔成分が肌に残って逆に肌トラブルを作り出してしまいます。

 

それから、「保湿」も大切です。洗顔したあとは、まずは化粧水などで保湿してください。
肌が乾燥していると紫外線などの外部刺激を受けやすくなるため、バリア機能を高めて強い健やかな肌作りには保湿が欠かせません。
常に潤いが残っている状態であれば肌のバリア機能も一定に保たれて、肌トラブルを防ぐことができます。

 

そして、美白成分も取り入れましょう。
美白化粧品には、「ビタミンC誘導体アルブチントラネキサム酸プラセンタエキスルシノールリノール酸コウジ菌エラグ酸カミツレエキスマグノリグナンメトキシサリチル酸カリウム塩アデノシンリン酸2ナトリウム」といった種類があります。
これらの成分には、メラニン生成の抑制やターンオーバーの促進など美肌に導く働きがあるため、総称として美白成分と呼ばれています。

 

正しいスキンケアを行いながら、毎日継続的に美白成分を肌に与えることで、できてしまったシミの改善にもつながり、シミができにくい肌作りになります。

シミ取り化粧品 できてしまったシミを取る方法!最新記事一覧

ハイドロキノンとは?
『ハイドロキノン』は、史上最強の美白成分と言っても過言でもありません。「肌の漂白剤」という異名を持つほど、美白効果に優れています。シミは肌トラブルの中でも厄介です。一度できてしまうと簡単には消えず、セ...
ハイドロキノンの正しい使い方
ハイドロキノンは効果が高い反面、刺激も強いので正しく使うようにしましょう。長期的に使用し続けたり高濃度のものを使っていると、シミが消えたあとに逆にシミが増えることもあります。まずはハイドロキノンの濃度...
ハイドロキノン治療について
現在販売されている美白化粧品の成分の中で、ハイドロキノンの効果が注目されています。それ以前から、ハイドロキノンは皮膚科で治療に用いられていました。市販の化粧品よりも高濃度のクリームが皮膚科では処方され...
ハイドロキノンの注意点
ハイドロキノンは非常に美白効果に優れています。美白成分はいろいろとある中でダントツのトップレベル。低配合でも効果が期待でき、ピンポイントでも使えます。また、シミのタイプも選ばず、ニキビ跡などにも対応し...
プラセンタとは?
『プラセンタ』とは、「胎盤」を意味します。美白にとどまらず、美容成分として非常に注目されています。具体的には、抗酸化作用・抗炎症作用・血行の改善作用などがあります。抗酸化作用アンチエイジングに有効な働...
ビタミンC誘導体とは?
「ビタミンC」と言ったら、美容成分の定番中の定番!抗酸化作用があり、健やかな肌を保つために欠かせない栄養素です。具体的には、ビタミンCが持つ抗酸化力がメラニンの生成に関わる余計な活性酸素を除去する働き...
アルブチンとは?
最近ではテレビコマーシャルなどで有名な化粧水などにも使われている『アルブチン』という成分。美白成分としてぐんぐん知名度が高くなっています。そして、厚生省から認可を受けていることが特長です。ちなみに、ア...
コウジ酸とは?
酒造りの際に麹菌を使いますが、そこから生まれた成分が「コウジ酸」です。よく、酒造を生業にされている方の手はキレイと言いますが、この件について研究が進められ、コウジに含まれる成分がメラニンの生成を抑えて...
エラグ酸とは?
『エラグ酸』も最近注目されている美白成分の一つです。ポリフェノールの一種であり、ブルーベリーなどの果実に含まれています。ポリフェノールの中でもエラグ酸はがんの抑制作用があることで注目されていましたが、...
トラネキサム酸とは?
『トラネキサム酸』は主に医療現場で止血剤に使われていた成分で、美容成分として注目され始めたのは比較的最近のことです。安全性が高いメリットがあり、その上で美肌効果があると言います。シミにはさまざまなタイ...